デザイナーを目指して、Wスクールをした理系大学生のスケジュール

Date
2021.10.06
Category
Written By
Shohei Nishiyama
Wスクールのスケジュール

こんにちは、デザイナーの西山 将平(@24sy___)です。

僕はUI/UXデザインに興味を持ち、理系大学生4回生の春からデジタルハリウッド大阪校に通い、1年間Wスクールをした経験があります。

本記事では、僕がWスクールをしていた時の「1週間のスケジュール」をシェアしたいと思います。もしあなたが丁度デザイナーを目指してWスクールを始めようとしていたり、既にWスクールを始めているなら、きっと参考になると思います。

元記事:デジタルハリウッド大阪校 UI/UXD クリエイティブコーディングコースで1年間学んだ結果 【Wスクール卒業】

Wスクールをしていた時の1週間のスケジュール

Wスクールをしていた時の1週間のスケジュールが、ライフログとして記録されていたので、ご紹介します。

プライベートな時間も大切にしていたので、下記の1週間のスケジュールを基本とし、予定がある日はそちらを優先していました。2つのことをこなすのは非常に大変でしたが、充実していた日々だったと思います。

月曜日:大学で研究

7:30 起床、ストレッチ
8:00 シャワー、着替え、朝食、掃除、洗濯
9:30 出発
10:30 研究室到着(数分ほどメールチェック、タスクの割り振りを行う)
10:45 研究開始
14:00 昼食
15:00 研究と作業(1時間ごとに5分休憩)
18:30 研究終了
19:00 買い物(大学は車で通っているので、近くのスーパーに寄ります)
20:00 帰宅
21:00 夕食を作って食べる
22:00 作業
23:00 リラックスタイム(お風呂、YouTube、マンガなど)
00:00 就寝

火曜 / 木曜日:大学で研究 + デジハリ授業

7:00 起床、ストレッチ
7:30 シャワー、着替え、朝食
8:15 出発
9:15 大学到着
9:30 研究室のセミナー開始(セミナーは週に2回参加を義務付けられていたので参加)
11:30 セミナー終了 研究開始
13:30 昼食
14:30 研究と作業(1時間ごとに5分休憩)
17:00 研究と作業終了
18:00 帰宅後、すぐに梅田へ出発
19:00 コンビニで軽食を取り、デジハリの授業を受ける
21:00 授業終了
21:30 自習、先生に質問
23:00 帰宅、夕食、お風呂
00:30 就寝

水曜 / 金曜日:デジハリで自習

7:30 起床、ストレッチ
8:00 ジョギング2km(週に2回)
8:30 シャワー、着替え、朝食、掃除、洗濯
9:30 メールチェック、タスクの割り振り、軽作業
10:00 出発(電車内で情報収集)
11:00 デジハリ到着作業開始
14:00 昼食
15:00 作業(1時間ごとに5分休憩)
20:00 夕食(よくコンビニで購入したお弁当で済ませてました)
22:00 作業終了
23:00 帰宅、お風呂、YouTubeなど
00:30 就寝

土曜日:デジハリ

8:00 起床、ストレッチ
8:30 シャワー、着替え、朝食
9:00 出発(電車内で情報収集)
10:00 デジハリの授業開始
14:00 昼食
17:00 デジハリの授業終了
17:30 自由時間(友人と遊んだり、自宅で作業したり、デジハリにそのまま残ったりしていました)
23:00 お風呂
00:00 就寝

日曜日:デジハリ or カフェで自習

8:00 起床、ストレッチ
8:30 シャワー、着替え、朝食、掃除、洗濯
10:00 だらだらタイム
11:00 出発(電車内でメールチェック、タスクの割り振り、軽作業)
12:00 目的地到着、作業開始
14:00 昼食
15:00 作業
20:00 作業終了
21:00 帰宅、ご飯の準備
22:00 夕食、作業
23:00 お風呂、マンガ、YouTubeなど
01:00 就寝

1ヶ月で200時間ほど学習

常に上記のスケジュール通りではないと思いますが、自分がどのくらい作業しているのか知りたいと思い、試しに1ヶ月の作業時間のログを取った結果、合計作業時間は217.8時間でした。

概算ではありますが、1ヶ月で200時間作業したと仮定して、Wスクールをしていた期間の2019年4月〜2020年3月まで合計2400時間以上は作業したと思います。

そして、下記の記事では、このペースで学習して1年間の成長度合いが知れるので、もし興味があればご覧ください。

週に3回の授業と自習でスキルを身につけていく

僕はデジハリの1年間学べる本科UI/UXD専攻のクリエイティブコーディングコースを受講していたので、「火曜日と木曜日の19:00~21:00」、「土曜日の11:00~17:00」で、週に3回授業がありました。

1年間の授業回数を改めて計算すると「合計91回」も行われていたので、デザインの基礎から専門的な内容まで幅広く学ぶことができました。

僕は自主学習に力を入れていたので、よく平日に大学で研究した後に、自習するためだけにデジハリに通っていて、もくもくと作業をしてスキルを身につけていました。今考えると休日もかなり詰め込んでいたので、皆さんはもう少しゆったりと学んでも良いと思います。

スケジュールがハードでも楽しく過ごすには

正直、Wスクールをしていた時の1週間のスケジュールはとてもハードで、日々の娯楽が少なかったのが辛く、デザインも初めてのことばかりで煮詰まることも多くありました。

この時に、集中力が尽きるまで考え続けるのも良いですが、僕は集中力が切れたら、外に散歩に行きリフレッシュしたり、数分でもマンガやYouTubeを見たりして、集中力を0にしないようにしていました。

そうすることで悩む時間が少なくなり、手を動かす時間が増えて何かしら形にすることができるので、小さな達成感を得ることができます。

たとえ日々の娯楽が少なくても、「新しい発見」と「できることが増えていく感覚」を毎日得ることができ、楽しく過ごすことができたと思います。

Share on

Contact

Get in Touch !

デジタル領域のサービスのプロダクトデザインを中心としたデザイン業務を、随時お受けしています。お仕事のご依頼・クリエイティブに関するご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。

通常3日以内にご返信いたします。